ふつうの材料

 

もう15年ほど前に設計させていただいた川崎にあるお宅の外壁です。

材料はセンチュリーボード。すでになくなってしまった製品ですが、いまでいうフラットのサイディングに近いもので、つまり、よくある材料です。それらを丁寧に使ってみることで、何か表情のあるファサードをつくれないか?と、910幅と455幅を取り混ぜて並べ、横目地には、これも一般的に使われるアルミの型材を流してシャープに際立たせてみました。

 

ふつうの材料で豊かな表情をつくりたい、私たちの原点とも言えるファサードです。

 

**2月の無料相談会のお知らせはこちら!**

19日(日)はまだご予約可能です。ぜひお気軽にお越しください!

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ