サンマとガスコンロ

こんにちは。

きんもくせいの香りがふんわりと届く季節になりました。この甘い香りをかぐと、なんともいえない幸せな気分になります。

そして、秋のもうひとつの楽しみは「サンマ」!

脂ののったサンマは、とってもおいしくて、それでいてお財布にもやさしい(今年はちょっと厳しめですが!)。そのサンマをどうやって最高な状態にしあげるか!?いろいろ工夫をするのですが、なかなかむずかしい。というのも、我が家のコンロはいわゆる「テーブルコンロ」なのですが、見た目のすっきりさにつられて、グリルなしのものを使っています。魚も肉も野菜もすべてフライパンか鍋で調理されます。さてフライパンでサンマを焼く。洋風な魚を洋風に調理するのは、フライパンのほうがやりやすいくらいですが、皮の薄いサンマをフライパンで焼くと、皮がすっかりフライパンにくっついてしまい、皮がむけた状態で食卓に運ばれる羽目に...。それでも味はサンマなのですが、見た目がひじょうに残念!残念すぎです。

パリッと焦げ目の付いた、少し脂で光る黄金色の皮のサンマ。。。秋になるととてもあこがれます。

ちなみに、うちのテーブルコンロはこれです。火力も強く、サンマ以外は大満足です↓

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%82%ac%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab