ジョージア・オキーフの家

BRUTUS5月号で、アメリカの20世紀を代表する女流画家ジョージア・オキーフの家が取り上げられていました。オキーフはニューメキシコ州に、荒野に建つゴーストランチの家と緑を育てるためのアビキューの家の2つの家を構え、行き来しながら晩年を過ごしたそうです。BRUTUSでは二つのうちのアビキューの家が紹介されていました。本人亡き後もまだ、オキーフの息遣いの感じられるような住まいです。BRUTUSの写真はここでは出せないので、載せられそうな写真を探してみました。

(共にimage-kinarino.ssl.k-img.comより)

 

住む人の命と一体になるような家、永遠の憧れです。

 

**5月の無料相談会、お気軽にお越しください**

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ