リビ充

最近、「リビ充」という言葉を耳にしました。「リビングを大きく取って充実した家族生活」ということなのだそうです。

そういった言葉は考えていなかったけれど、私たちが設計する住宅の考え方に似ています。最近は1歩すすめて、リビングと個室がある住宅ではなく、家全体をリビングと見立て、その一角が個室的なスペースであるように捉えて設計することも多いです。

たとえば、「Simasima Bldg.」では、リビングから階段をあがると子ども室があるのですが、子ども室の階段に面した壁は腰の高さまでしかないので、子ども室は完全には独立していません。階がちがうので腰壁でもかなりの目隠しになるのですが、音や気配は筒抜けです。

階段を上がると子ども室。

 

もう少し独立した寝室のある住宅も設計しますが、ドアの替わりに大きな引き戸にして、開放的にも、閉じることも、少し開けておくことも、調節ができるようにしたりします。

木造の家」では階段をはさんで向かい合わせにある2つの寝室には大きな引き戸があります。一続きの長い窓を共有していることもあり、開けるとかなり開放的です。

 

大人も子どももそれぞれの生活があり、家族でも1日の中で起きて共有できる時間は意外と少なかったりしますね。家でそれぞれのことをしながらも一緒にいる誰かのことを感じられるとほっとする気がします。

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ