LÄUFER + KEICHELの330

椅子のデザインを見ていろいろと考えることが好きです。

20世紀のアイコンから近年のものまでチェックしていますが、ここ数年で一番気になるのはこの椅子です。

LÄUFER + KEICHEL(ベルリンのデザインユニット、発音不明)による、Thonetの330 です。

無駄がないシンプルなデザインです。眺めていて気持ちがすっきりする清々しさがあります。

構造的にもしっかりしてそうなところが良いです。前脚根元の剛性を座面合板が補強しているように見えます。

プルーヴェのスタンダードチェアを木製に置き換えた風にも見えます。全体の佇まいや、座面がまえのところでキュッと下がっているところが似ています。かなり意識してデザインされているのではないでしょうか。リファレンスをほのかに感じることが、単純明快な形に奥行きを与えている気がします。

他にも注目している椅子がたくさんありますので、また書いてみます。

thonet-chair-330-b

日本ではまだ買えないみたいです。

 

設計事例

selected works

line-1

 アトリエのある家 個人住宅・木造

 寺町の家 二世帯住宅・鉄骨造

 10mの家 個人住宅・木造

 木造の家 個人住宅・木造

 外を引き込む家 個人住宅・鉄骨造

 simasima bldg. 賃貸併用住宅・鉄骨造

 祐天寺アパートメント 集合住宅(賃貸)・RC造

 えんとつの家  専用住宅・木造

 小さくて広い家  店舗併用住宅・木造

 まどの家  専用住宅・木造

 M house  専用住宅・木造