近所の再開発

 

事務所の近くで大規模再開発の工事が進んでいます。杭工事・地下工事のあいだは、何をやっているんだろう、という感じでしたが、地上の工事に入るとその速さに驚かされます。どんどん階が増え、並行してカーテンウォールが付けられています。私たちが慣れ親しんでいる住宅規模の工事でも様々な課題が出てきますが、これほどの規模の工事を停滞なく進める技術やそこで作業をする人のネットワークとはどれほどのものだろうと思います。

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

 

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on Twitter

最近の窓について

 

数年前にアルミサッシメーカーが、防火認定騒動で商品を全面的に改定した影響と、私たちが断熱性の一層の強化に取り組んでいることとで、窓製品・窓デザインの選択肢が少なくなっています。いまあるなかで出来るだけ断熱性能の高い製品を使いたいですがそれなりに高価なのと、いかに高性能であっても熱的にはまだまだ弱点となるため開口面積は抑えがちになります。床から天井までガラス面とするようなデザインはカッコいいですが、そういうことは今はあまり考えなくなりました。また今のサッシはいくつかの窓を組み合わせて横長の窓や背の高い窓などの大ぶりな開口部とすることが出来ないので(メーカーの製品構成に連窓、段窓のしくみがなくなってしまった)、単一の普通の大きさの窓を普通につける以外にやりようがありません。窓は外観デザインの重要な要素です。しかし少々つまらないですが、今は「ポツ窓」(外壁に四角い穴が穿たれたような窓。要は普通の窓)を前提に外観を考えます。もっと高性能で安価な窓製品が出てくるまではこのやりかたで良いと思っています。もともと住宅では外観より空間がはるかに大事だと考えています。と言っても、建築の外観についてもはいろいろと思うところはあります。たとえば、こちら

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on Twitter

iPad Pro、使い始めました

“morpholio trace”というアプリ。トレペを重ねる感覚でスケッチによるスタディができる。

 

 

描き心地のよいApple Pencilに惹かれてiPad Pro12.9インチを購入し数週間が経ちました。

初期プランやディテールのスケッチ、施工図のチェックバックなど、手書きの方がはやく出来てうまく伝わる作業を、コンピュータ上でやってみようというのが始まりでした。さらに、もしかしたら確認申請図や工事契約図などの正式な図面もコンピュータの助けを受けながら手書きですばやく作成することもできるのでは?という淡い期待もあります。実は最近、設計意図の伝達手段としてのcad図面に少々疑問やもどかしさを感じていて(20年以上使っていながら今さらですが)、手書きによる図や文字の表現力を見直してみようと思っていたのです。コンピュータのパワー、タッチディスプレイ・スタイラスペンの進化が「手書き」というアナログなものの良さを、建築設計に適したかたちでスマートに引き出すところまできているのでは、という予感もありました。

使い勝手は上々です。私たちの仕事ではiPadで効率があがる場面がたくさんありそうです。

あまり思っていなかった良さとして、集中が途切れない、ということがありました。スケッチひとつするにも、トレペをだしてきて、適度な大きさに切って、ずれないように気をつけながら描き、終わったらスキャナーでよみこんで・・・、と「描く」以外の行動にも気持ちが行ってしまっています。それがだいぶ省けるからか、気が散ることが少ないように感じます。

軽い、起動が速いというiPadならではの良さも快適です。これは、どこにいてもちょっとできた時間に少しでも作業を進めようという気持ちにさせます。また作業に着手するおっくうさを軽減してくれます。

ThinkPadも好きですが、iPadもこれからいい相棒になってくれそうです。

もう少し使ってみてのレビューもしてみたいと思っています。

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on Twitter

進行中のプロジェクト

忙しい日が続いています。

 

[N邸リノベーション]

内部解体工事が始まっています。一部現状利用の箇所があるため、解体業者さんと細かい現場打合せをしています。解体工事はいつも丁寧な仕事をしてくれるマスヒロ環境さんに今回もお願いしました。

 

[A邸新築工事]

基本設計が進行中です。いくつかご提案したプランのメリット・デメリットを話合い、実施設計に向けて絞込みを行っています。敷地では今月後半で地盤調査を行うためにピーステージさんと打合せをしています。ピーステージさんも仕事が丁寧なのでいつも地盤調査・補強をお願いしています。

 

[I鉄工工場リノベーション]

実施設計を終えて、見積りに出しています。今は待ち状態です。お金が合うとよいのですが。

 

[Mプロジェクト]

新築部とそこに隣接した敷地でのリフォームをあわせたプロジェクトです。新築部の工事に着手し、先日柱状改良工事が終わりました。これから基礎工事に入ります。プレカットの図面チェックも同時に進めています。

 

[和泉4丁目プロジェクト]

これも実施設計を終え、見積り待ちの状態です。出揃ったら分析・査定作業が始まります。

 

その他、相談を受けているものの提案もいくつか行っています。

ゴールデンウィークの予定もまだ立てられていません。働き方を改革しないといけないですね(笑)

 

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on Twitter

現場レポート 「Mビルリノベーション」

「Mビルリノベーション」も竣工しました!

オフィスと賃貸住宅の入った鉄骨造のビルで、

1.ビルにエレベーター新設

2.オフィススペースのリノベーション

の2点の改修でした。

オフィスの工事は執務を続けながらの工事(2階を工事中は3階で執務、3階を工事するときには2階で執務、といった具合)でしたので、オフィスの方々には、コンクリート床をはつる大きな音の中でのお仕事や天井をあけて埃まみれになったお部屋の掃除など、大変なご協力をいただきまして、ありがとうございました!

元は接客スペースと執務スペース、会議室の3つに分かれた普通のオフィスでしたが、接客スペースにブースを設けたほか、休憩できるカフェスペースやライブラリーなども加わり各所で仕事ができるようLANも整備したフリーアドレスオフィスに変身しました。

エレベーターも快適とのことで、一安心です。

 

 

エレベーターの新設にあわせて1階駐車場内にエレベーター乗り場も新しく作りました。接客スペース内にブースを作り、落ち着いた空間でお打合せができるようになりました。

 

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on Twitter