アルヴァロ・シザのスケッチ

 

ドイツ文化相が新型コロナウイルスの芸術分野への影響に対する支援にあたって「アートは人類の生命維持装置」と表現したことを、経済学者浜矩子さんが紹介しています。いい言葉を紹介していると思いました。

建築はアートとは別物と私は考えますが、アート同様心の問題にかかわり、文字通り生命を機能的に下支えする装置でもあります。

世界は大変なところに来ていますが、今は警戒をしながらも落ち着いて興味に従いシンプルにものを考えるのがいいように思います。そこで今日は、心の動きと形の関係を考えさせる、建築家アルヴァロ・シザにおけるスケッチの意味について少し書いてみたいと思います。

ポルトガル人建築家アルヴァロ・シザの建築の特徴は、20世紀的な工法やデザインボキャブラリーしか使わないのに、非常に現代的な空間・造形を生みだしている点にあります。一見単純な白い四角い箱なのによく見ていくと不思議な魅力がある建築です。20世紀終盤ポストモダンの時代、多くの建築家がモダンデザインを切り捨てようとしたときに、そこをさらに掘り下げるという逆方向の動きをした稀有な存在です。私はこの、見慣れたものに可能性を探るという視点がとても好きです。

シザが建築の検討に大量のスケッチを描くことはよく知られてきたことです。私もそのスケッチに魅せられ一時期彼の作品集を何冊も読みこんだことがあります。そこで見えてきたことは、同じ空間を少しづつ違えて納得いくまで何度もスケッチしている様子です。まるで生きることとスケッチすることが同化しているようです。私も彼にならって沢山スケッチを描きながら空間を構想するようになりました。

彼の空間には身体的なものを強く感じます。何らかの抽象概念や手法を介さず、構想と実体が直接結びついている感覚を受けます。これはまぎれもなく、脳に直結する手によるスケッチをしつこく繰り返してつくり出されるものです。そこには事物の丹念な観察だけがあるかのようで、人と違う新しいもの打ち出そうという欲望はあまり感じられません。描くことは見ること、よく聞くこの言葉は真実でありそうです。

一方で、シザのデザインには、真面目すぎる目でみると「??」と思える、どこかズレたような新しい感覚が必ず一つ二つ見られます。これも理性や整合性を重んじたモダンデザインを批評的に観察しつくした成果のもう一つの現れのような気がします。

彼の建築には近代の建築家に対する敬意も見られます。特にアドルフ・ロース、アルヴァ・アアルトへのリスペクトは顕著です。建築デザインの世界で今や忘れられた、良きものは継承する、という良き習慣すらすくいだそうとしているのかもしれません。

いたずらに新しいものに飛びつくのではなく、眼前にあるものの中に見えにくい良さを、スケッチを通じて見つけては拡張していく。地道な作業です。その積み重ねがやがて飛躍をもたらすこと、この構図は一つの発見・発明といえます。86歳のシザが長年培ってきたその方法はいまだ大きな可能性があるように思えます。彼の、そして世界の建築家の無事を願いたいものです。

 

 

 

My Architect, a son’s Journey Film

気持ちの良い午後のひととき。ひとり家で ”My Architect, a son’s Journey Film” をみました。10年以上も前の映画ですが、なんと公開当時から気になっていました(^^)。

1974年に亡くなった建築家ルイス・カーンを父に持つナサニエル・カーン(正妻の子ではない)が、父の残した建築を旅しながら、同時代の建築家や事業家、一緒に過ごした女性らの話を聴き、自らの心の中にもう一度父を刻んでゆく、映画人でもある本人が製作したドキュメンタリー映画です。

建築抜きにしても、ルイス・カーンの自由で感情豊かな人生を淡々とおっていく映像とインタビューは、とても見ごたえのある映画でした。代表作のひとつ「ソーク研究所」の中でのインタビュー映像もとても美しく、カーンの建築家としての才能にも改めて感動します。

 

ソーク研究所 ルイス・カーン設計 (wikipediaより)

 

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

 

バラガンの住宅建築-2 積極的に風景に埋没すること

ルイス・バラガンの住宅建築のつづきです。バラガンの住宅には、自邸に見られるような「そっけない外観+豊かな内部空間」という対比的な特徴がある、というところまで前回書きました。

この内外デザインの温度差は、建築のデザインとは内外違わず徹底して行うべきと刷り込まれている頭には新鮮なものだし、私がぼんやりと考えていた住宅建築のあるべき姿にも思えて、ここをうまく説明できないかとずっと思っておりました。今日はそこにトライしてみます。そのためにまず住宅という建築が他の建築と何か違うところがあるのか、そういうところからはじめてみます。

私は、住宅と、公共建築・大型建築とは相当な違いがあると捉えています。「住宅はあらゆる建築の基本」という言説が昔から多数見られますが、私にはある一面ではそうは思えないところがあります。

それは住宅は個人の持ち物であるということと関係します。

まず、公共建築は、

・みんなのものだから、誰か一人が自由につくることはできない

・みんなのものだから、まちの中で周囲との調和を超えた誰もが認識できるようなシンボル性が必要

そういうものです。

公共建築や大型建築は、誰かの好みでつくるわけにはいかず、時代の大義名分を踏まえた組織的な議論を経てつくるより他ありません。また、利用者に認知してもらうために一定度「目立つ」必要があります。あるいは、共有の資産であることを表現する形態上の特徴(=シンボル性)が求められます。

住宅はこれがまったく逆です。

・個人のものだから、誰か一人が好みで(法律の範囲内で)自由につくっても咎められない

・個人のものだから、まちの中でシンボル性を必要とする理由があまりない

「そっけない外観+豊かな内部空間」といったあり方はこの2点に沿うものです。
ここでいう住宅の「まちの中でのシンボル性」については建築の専門家の中でもっと議論されるべきことです。いま世にあふれる建築系のメディアを見れば、特徴の強いシンボリックな外観を持つ住宅建築がたくさん見られますが、私には多くのものは、どう好意的にみても設計者の表現欲発散以上の意味を感じることができません。

ここでバラガン自邸に戻ります。もう一度その外観を見てみましょう streetview 。特に何も感じない建築がそこあるだけ、といった具合に形態上のクライマックスのないものが建っています。

ここはよく考えるべきところです。建築家バラガンが、自分が設計した建築の外観に何の意図も込めないことがありうるでしょうか。私はこの建築で彼は風景に埋没する住宅、というあり方を提示していると思うのです。これは言いかえれば住宅においては空間以上に大事なものはないという主張です。左隣のピンク色の家は実は彼が設計した旧自邸、後のオルテガ邸なのですが、同様にかなり凡庸な見た目です。両邸の境目は判然とせず、多くの建築作品に見られる完結性・自立性とは程遠い様子です。バラガンを論じた書物の多くはその内部空間の魅力を説明しようとしていますが、私はむしろこのバラガン自邸の外観のあり方がとても気になります。

そこに住む立場になれば、自分の家を素敵に見せたいという気持ちは当然であり、住宅の外観は整ったものである必要はあります。しかし過度な個性やシンボリックな表情は必要でしょうか。
地味な外観とそこからは想像できないような魅惑的な室内という、バラガン自邸のようなものを積極的にとらえたとき、今ならどんなものがつくれるだろう、夏の終わりの休日をそんな妄想をしながら過ごしました。

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

 

バラガンの住宅建築

バラガンの建築には興味を持てずにいました。外界と切り離された小宇宙のような空間が耽美的過ぎると感じていたからです。

バラガンの建築に共感を覚えるようになったのは彼の自邸の外観を知ってからです。

彼の自邸は例にもれず、光・色と素朴な素材がつくる独特な豊かな空間を内にもっていますが、その外観は、それが著名な建築家の作品(しかも自邸)とは思えないほど飾り気がないものです。メキシコシティー都市部の建築はセキュリティーのためか道に対しては閉鎖的なつくりが多いようです。また隣りと接して建てるのが普通なのか、バラガン自邸も隣家と壁が連続しておりどこからが彼の建築なのか分かりにくいです。驚くほど周囲に同化しており外観に建築作品っぽさがないのは拍子抜けしてしまいます。(大きい家であることにも驚きますが)

この建築に見られる「そっけない外観+豊かな内部空間」という対比的な組み合わせを知り、これが住宅建築のあるべき姿なのかも知れない、と思い始めました。

つづきはまた。

luis_barragan_house_exterior_02

streetview