快適な家づくりをめざしての

久々の更新になります。

先週1週間あわただしく過ごす中、木、金と丸2日間、「省エネ建築診断士養成講座」を受講してきました。

世界の省エネ住宅事情から、断熱材のこと、省エネ性能を確認するコンピューターソフトの使い方まで、実務で省エネに取り組む上で必要なことを幅広く網羅する、大変内容の濃いセミナーでした。

この本の著者、松尾和也さんも講師としていらしていました!

超音波探傷検査

また鉄骨造の話をひとつ。
鉄骨造では必ずたくさんの長さの溶接がされます。この溶接部の強度を保つために、超音波探傷(たんしょう)検査というものが行われます。溶接部の中に穴状の融合不良が起こる場合があり、その穴の内面に反射する超音波を検出する検査方法です。現場での溶接箇所があれば、検査器具を現場に持ち込んで検査を行います。
鉄骨造では、このような見た目ではわからない傷も逃さないようにして、品質が保たれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

 

地盤調査時にわかる設計事務所のメリット

住宅を新築するときには地盤調査が必要です。地盤調査は計画の初めのうちに行うのが普通です。調査結果を踏まえた設計を行う必要があるからです。
建物の構造形式を決定するのに地盤調査結果は重要な判断材料になります。建物の単位面積あたりの重さは一般にRC、鉄骨、木と軽くなるため、同じ地盤強度でも、RCなら補強が必要だが鉄骨・木なら不要といったことも起こります。地盤補強には相当のコストがかかる場合もあり、一定の金額のなかで建築をしようとする場合、地盤補強の要・不要、必要ならその金額、を早期にわかっている必要があります。
ここで、私たちのような、さまざまな構造の住宅が設計できる設計事務所のひとつのメリットが見えてきます。構造形式が決まっているハウスメーカなどでは、地盤が弱かった場合には、「ついてなかった」とあきらめて想定以上のお金を払って補強をするか、計画を縮小、中止するしかないでしょう(その時点で解約ができるのかどうかはわかりませんが)。しかし、設計事務所の場合は構造を変えてコスト調整ができるので、建物規模を縮めての金額調整をしなくて良いケースもありえるのです。
資金の最大限有効な使い方の助言をし、家づくりのいろいろな局面を柔軟に乗り越えていくのが設計事務所の特徴で、それは家づくりの初期段階から発揮されるものなのです。

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

 

不燃化特区、という制度

 

最近、建て替えの相談などで「不燃化特区」というものに触れる機会が何度かありました。都が進める「木密不燃化10年プロジェクト」で指定された地域内での不燃化建替え等の建築行為に対する支援の制度です。こちらで該当地域のおおよその位置を地図上で確認することができます。支援の内容は各区が決定しているようで、こちらには各区の特区サイトへのリンクがあります。基本的には木密=木造住宅密集地域が対象の制度なので、小さな建物が寄り添って建っている下町的なエリアが該当します(私たちの地元文京区を見てみると、下町の典型のような根津千駄木地域が現時点では支援地域外とされていますが、これは謎であり不満です)。区によっては既存建物の除却(解体)費用、設計費用、引越し費用の助成に加え、固定資産税・都市計画税の減免まで行っているところもあります。これがすべて適用されるとすればかなりの額になりますので、そのような地域で老朽化した家の建替えを検討されている方はチェックされることをぜひお勧めします。私たちの事務所では、土地・建物の規模をベースに助成額の試算も行っていますので、お気軽にご相談ください。

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

 

最初の設計

独立して最初に設計した建築は鉄骨造の個人住宅でしたが、自分の仕事の始めが鉄骨造であったこと、そういえば、という感じにいまさらながら意識しました。その住宅は『casa brutus』に取り上げられたりもしました。15年以上前のことです。

鉄骨造の設計は、勤めていた事務所でいくつも設計させてもらったおかげでそのときもそれほど悩むことなく進めることができました。今普通に鉄骨の設計をすることができているのも、最初の事務所での経験があったからだと感謝をしています。

鉄骨造を継続的に設計してきて振り返ってみれば、オフィスビルのように反復が多いものと違い、住宅などの小規模で各所に異なるディテールがある建築を鉄骨造でつくるのは結構難しく手間がかかるものだと思います。私たちの事務所では今はできるだけ躯体を見せようとする設計が多いので、製作図を隅々までさらに入念にチェックをしています。設計は大変ですが鉄骨造には魅力があります。柱梁がつくる精度高い四角いフレームはそれだけで美しく一本筋が通っているようです。鉄をインテリアにあらわすことができれば、新建材にはない本物の素材感を得ることができます。

鉄骨造に構造的メリットだけでなく、モノとしての魅力を感じる方、ぜひご相談ください。

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ