建設地にて

気がつけば師走。

とはいえ事務所内は何事も「仕事納め」には向かっておらず、プロジェクトたちは日々ただ淡々と進んでいくのみです。

 

今日は、まもなく実施設計中の「M邸新築工事」について。私たちのHP内「進行中の仕事」では『6坪の敷地に建つ最小規模のRC住宅。』と紹介されていますが、実は6坪の敷地は三角形でもあり、その上に立つRC住宅の平面もほぼ三角形で。一層約9畳を3層分(階段込み)。

かなりの緊張感を携えながらはじめた設計も、Mさんとの内容豊かな会話を重ね、図面やスケッチを描いていくうちに、やがてとても心躍る空間に仕上がってきました。

 

そして、先日、Mさんとともに建設地を訪れ、設計の間取りを簡単に地面に描いてみました。ここが玄関、ここから階段、ここはトイレ、と幾度も脳内シュミレーションしたツアーを現地で行うと、空間の面白さをよりリアルに想像することができ、Mさんも私たちも「いける!」という感覚を共有することができたと思います。

 

ここからは実施設計の仕上げ段階。せっかく感じられた「いける!」を潰さぬよう、より豊かに成長させることができるよう、あとひと踏ん張りです。

 

真ん中辺りの円を中心に大きな螺旋階段がきます。螺旋階段がこの住宅の「中心」です。

 

 

 

 

 

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on Twitter

Pyramid Song


RadioheadのPyramid Song(2000年ころ)という曲をご存知でしょうか?
先日ラジオでこの曲がとりあげられてました。私はそのとき初めて知りました。
この曲の拍子のとらえにくさが一部で話題になって来たみたいです。私も何度聴いてもテンポをトレースすることが出来ません。(「16分の21拍子」というへんてこりんな拍子説もあるようです)

といってハチャメチャな音楽というわけではなく透明感に満ちた魅力的な曲です。
拍子のとりにくさは不安な気持ちになります。しかし少し耳になじんでくるとそれが心地よい浮遊感をもたらします。

それにしても、聞き手がどうにもテンポをとれないような、なのに惹かれてしまう不思議な音楽をどうやって考え出すことができるのか、トム・ヨークの思考の方法に興味が沸きます。ものをつくる人にはとても刺激的な曲だと思いました。中盤ドラムがはじめて入ってくるあたりがいい感じです。

 

 

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on Twitter

水辺の風景

現場近くの川の風景です。

首都高の高架下から眺めています。大小の船が結構行き来しています。堤防で見えにくいこともあり、川から少し離れるとこういう光景はほとんど意識されません。川べりに来ると東京の意外な姿を見る気がします。

 

 

 

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on Twitter

天井高さ

 

I鉄工工場リノベーションの現場にて、今回の改修工事のメインテーマのひとつ「明るいトイレ」を確認してきました。

職員さん用の小さなトイレスペースですが、この規模のトイレにしてはかなり天井を高く計画しています。設計時より、幅の狭い空間で天井を高くして、トンネルのような空間にならないか、いや、気積を大きくしたほうが狭い空間でもせせこましくならないだろう、より明るく感じられるのでは、など何度も悩んで決めた高さです。

仕上げもほぼ完了し、照明器具なども取り付きはじめ、だいぶ完成形に近づいてきて、天井高さにも安心しました。

 

そのほか、休憩室や更衣室なども新しい空間に生まれ変わり、もうすぐ竣工です。

 

 

トイレ入り口

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on Twitter

奈良井宿

先週末に松本・白馬方面を廻ってきた最後、突然の思いつきで奈良井宿によってみました。

旧中山道のちょうど真ん中辺りに奈良井川にそって1kmも町並みが続く、木曽路で最もにぎわう宿場町だったという奈良井宿。山特有の涼やかな風を感じながら、特産の漆器をあつかうお店、骨董品屋さん、旅籠…千本格子の引き戸の奥をのぞきながらゆっくり散策しました。

 

観光客はそれほど多くなく穏やかです。途中休憩したお店もカフェではなく喫茶店。とてもリラックスした気分でアイスコーヒーをすすり、旅の疲れが癒されました。

これだけの長さの町並みを昔ながらの町家の造りで保つのは相当な努力が必要かと思いますが、どこにもこれ見よがしに力んだ様子は見られず自然に保たれているように見えるのは、相当稀有なことではないでしょうか。

 

 

奈良井川を渡る「木曽の大橋」。

 

今回は日中のみの滞在でしたが、奈良井宿観光協会のHPには夜景の写真がありました。1枚拝借いたします↓

夜の風景も趣がありますね。

次回は泊まってみたいです。

 

 

 

 

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on Twitter

リフォーム設計の難しさ

いま私たちの事務所ではリフォームも多く手がけています。(特に鉄骨建物のリフォームが多いです)

新築にはない、リフォームの仕事のもっとも難しいところは、徐々に明らかになる既存建物の状況に都度反応し設計をうまく修正できるか、という点だと思っています。

ほとんどのケースでは、内部解体工事は改修工事と一体の契約になり工事は連続するため、内部解体の前に設計を行うことになります。設計前には実測など状況調査を行いますが、いざ解体をして工事に入ると新たに分かることがたくさん出てきます。それらの新発見に対して、意匠、機能、コスト面で破綻がおきないように微修正を重ねるのがリフォームの現場では重要な作業です。デザインのアドリブとでもいいましょうか。自ずと現場に行く回数も増えます。

また、建物を理解するための時間も必要です。私たちは出来るだけ多くの写真を撮り、何度も見返して部分ごとに実測した寸法と全体寸法の整合を取ったりします。伏見稲荷駅のリニューアル設計のときも、これも大きなリフォームみたいなものでしたから、また京都という遠隔地でもあったので、相当な時間を写真分析に費やしました。

調査分析・現況理解といった作業は新築の設計にはないものです。

構想する、デザインする、というプラスの行為とは違う非常に地道なことですが、そこに成功するリフォームの鍵があるのです。

 

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

 

Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on Twitter