「めぐる家」アップしました

「めぐる家」の写真を設計事例のなかにアップしました。

二つの階段があることで楽しさと広がりのある家になりました。

施主Uさんご夫婦と相談しながら素材を決めたプロセスも楽しかったです。

ぜひページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

「H2プロジェクト」現場 8月4日

今日はだいぶ涼しくほっとします。

断熱工事が進む中、キッチンの打ち合わせです。

キッチンはF-FURNITURE 藤岡木工所さんがつくってくれます。

キッチン本体の機能的でシャープなディテールは藤岡さんにお任せですが、そのきれいなキッチンを建築とうまく取り合わせるために工事の段取りなど話合いました。ミリ単位の話ができてよい打合せになりました。

江東区常盤にあるF-FURNITURE東京ショールーム、川沿いの心地よい空間です。

 

 

 

「H2プロジェクト」現場 8月3日

とても暑い今日、吹付断熱工事が進んでいます。

柱、梁に断熱がされていないように見えますが、外側の胴縁の層に断熱材を入れてあります。

胴縁の内側には木胴縁をだかせて、熱橋が極力なくなるようにしています。

吹き厚は145mmになります。

断熱の難しい鉄骨造で、良好な温熱環境をつくる工夫をしています。

監督や職人さんにも頑張ってもらっています。

 

 

「panorama」現場 7月29日

今日のpanorama現場です。

監督・大工さんとの真夏の攻防戦。

こちらは「クローゼットの開口幅を広げたい」、あちらは「それでは納まらない」。

今日は30㎜負けました。

 

 

 

 

 

 

「panorama」現場 7月26日

今日のpanorama現場です。

設備工事が進んでいます。

間仕切りや建具枠の打ち合わせをしました。

暑さや雨で、監督・職人さんは大変だと思います。

 

 

 

 

 

 

建築と光

建築における光(ここでは自然光)は大きなテーマです。

建築はシェルターです。外界から身を守るための殻であることが建築に求められる第一の要件です。遮断することが一番大事なことです。

ところが光を取りこむということは、シェルターに穴をあけることで、せっかく閉じたものに弱点をつくることになります。

建築空間に差し込む一筋の光がありがたく時に神聖なものに見えるのは、元来あるはすがないものを与えられたことへの感謝の念や意外性が無意識にあるからだと思います。それをうまく使っているのがロマネスク様式の教会建築です。ゴシック教会もステンドグラスに光を利用していますが、ロマネスクのほうが光の扱いはよりストレートです。

空間の中での光に人は無条件に惹きつけられるのだと思います。視線の先に光があると、どうしてもそちらに行ってしまいます。それを利用して計画するとサインに頼らない、感覚に従った自然な動線がつくれます。