木造耐震診断資格者になりました


先日受講した国交省登録木造耐震診断資格者講習の修了証がとどき、木造耐震診断資格者になりました。普通の耐震診断は建築士であれば出来るのですが、この耐震診断資格者というのは、法律で耐震診断が義務づけられている建築物の診断を行うことが出来る資格です。

木造住宅のリノベーションをお考えの方は、耐震診断を行って必要に応じた補強を組み込んで行くことをお勧めします。そういう方、ぜひお声がけ下さい。

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

 

地盤調査時にわかる設計事務所のメリット

住宅を新築するときには地盤調査が必要です。地盤調査は計画の初めのうちに行うのが普通です。調査結果を踏まえた設計を行う必要があるからです。
建物の構造形式を決定するのに地盤調査結果は重要な判断材料になります。建物の単位面積あたりの重さは一般にRC、鉄骨、木と軽くなるため、同じ地盤強度でも、RCなら補強が必要だが鉄骨・木なら不要といったことも起こります。地盤補強には相当のコストがかかる場合もあり、一定の金額のなかで建築をしようとする場合、地盤補強の要・不要、必要ならその金額、を早期にわかっている必要があります。
ここで、私たちのような、さまざまな構造の住宅が設計できる設計事務所のひとつのメリットが見えてきます。構造形式が決まっているハウスメーカなどでは、地盤が弱かった場合には、「ついてなかった」とあきらめて想定以上のお金を払って補強をするか、計画を縮小、中止するしかないでしょう(その時点で解約ができるのかどうかはわかりませんが)。しかし、設計事務所の場合は構造を変えてコスト調整ができるので、建物規模を縮めての金額調整をしなくて良いケースもありえるのです。
資金の最大限有効な使い方の助言をし、家づくりのいろいろな局面を柔軟に乗り越えていくのが設計事務所の特徴で、それは家づくりの初期段階から発揮されるものなのです。

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

 

homifyで紹介されました

住宅関連の情報サイト”homify”の記事「防火を考えた住まいについての基礎知識」のなかで、「10mの家」が取り上げらました。

都市部の木造三階建てで、構造体の木の梁などを被覆しないで見せるため「燃え代」を見込んで設計している手法についてです。

ぜひご覧ください!

 

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

 

 

鉄骨造住宅の良さ2

鉄骨造住宅の良さについて以前に書き始めました。だいぶ間が開きましたが続きです。前回は設計の自由度について書きました。今回はコストについてです。鉄骨造のコストメリットが最も発揮されるのは、耐火建築物にする必要があるときです。例えば防火地域内の3階建て以上、準防火地域内の4階建て以上の建築を建てようとすると、耐火建築物としてつくる必要があります。そのときRC造との比較になりますが、建設コストでは鉄骨造が有利です。建物そのものの工事単価からして鉄骨造の方が安いのですが、地業工事まで含めるとさらに安くなる場合が多いです。地業工事とは、建物を建てる地盤の下地づくりのことで、地耐力が不十分な場合の杭工事や地盤補強工事のことを指します。鉄骨造の方が軽いため地業工事の規模を小さく出来るのです。地盤によってはRCでは何かしらの地盤補強が必要でも鉄骨ならいらない、といったケースもあります。
もちろんコストだけで構造タイプを選択すべきではありません。次回は鉄骨造住宅のデザインや性能について書いてみたいと思います。

 

**3月の無料相談会は、3/11(土)、/18(土)です**

ぜひお気軽にいらしてください。詳しくはこちら

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ

 

鉄骨造住宅の良さ

私たちはこれまで鉄骨造の住宅をいくつか設計してきました。そこで感じた鉄骨造のメリットについて書きたいと思います。

一つめは、設計の自由度が高まるという点です。鉄骨造の中でも鉄骨ラーメン構造というものを採用すれば、地震力・風圧力に抵抗する耐力壁は基本必要ありません。ラーメン構造というのは、柱・梁と床面の剛性のみで揺れに抵抗する考えの構造です。

例えば間口の狭い土地で道路側にビルトイン型の駐車スペースをもうけようとすると1階に道路に面する壁が取れなくなります。そのような形は木造では難しいのですが鉄骨ラーメン構造だと可能になります。

また、他の構造に比べて躯体の量(体積)が小さいため床の厚みを薄くすることが出来たりもしますので。高さ制限の中でできるだけ天井高を取りたい場合にも有利になります。

つづきはまた。

 

事務所について  設計事例  家づくりの流れ  お問合わせ